facebook アメブロ 連動

フェイスブック

フェイスブック アメブロ 連動:RSS Graffiti

フェイスブック アメブロ 連動

RSS Graffitiを利用したフェイスブックとアメブロの連動

※この情報は2012年4月現在のものです。

仕様変更により利用方法が変わったり、利用ができなくなる可能性もありますので予めご了承ください。

設定で不明な点やエラーなどの質問にはお答えできません。

詳細はRSS Graffitiのヘルプセンターを参照してください。

【手順1】

フェイスブックにログインした状態で、RSS Graffitiのアプリページへ移動します。

上部の検索にRSS Graffitiと入力、または直接ここからアプリページへ。

RSS Graffiti

検索


【手順2】


クリックで拡大

「Click HERE to authorize RSS Graffiti」というボタンをクリックします。


クリックで拡大

アプリへ移動。


クリックで拡大

許可を求められるので、「許可する」をクリック。


【手順3】


クリックで拡大

登録が終わると、最初のページに移動します。

ここから、連携の設定を行っていきます。

左側に、「Your Profile」という項目と「Your Fan Pages」という項目があります。

今回はファンページと連動をさせたいので、「Your Fan Pages」の中で該当するファンページをクリックします。


クリックで拡大

このページへ移動した場合は、黄色の枠内にあるリンク「beta.rssgraffiti.com.」をクリックして移動します。

※この情報は2012年4月現在のものです。

2.0Beta版の情報となりますので、登録・設定方法が変更になる可能性があることを予めご了承ください。

【手順4】


クリックで拡大

「+ Add New Publishing Plan」をクリック


クリックで拡大

「Name New Publishing Plan」に、好きな名前を付けて「Create Publishing Plan」を押します。「Publishing Plan」で入力する名称は日本語でも登録可能のようです。


クリックで拡大

追加されると、この画面になります。

TARGETの部分に表示されているものが、連携した際に表示されるページになります。

ページ(ユーザー)名をクリックで設定を変更できます。

 

【手順5】

RSSフィードを取得します。

アメブロRSS

サイドにRSS取得のボタンがあるので、クリックして取得。

http://feedblog.ameba.jp/rss/ameblo/ユーザー名/rss20.xml

がアメブロのRSSフィードのURLになります。

※テンプレートによっては

rssボタン2こちらのボタンのこともあります。


RSS Graffitiに戻り、手順4で作成したPublishing PlanのADD NEWボタンをクリック。


クリックで拡大

入力欄に、先ほど取得したRSSのフィードURLを入力してAdd Sourceをクリック。


クリックで拡大

タイトルと、Feed URLは自動で追加されます。その他の「Source Name Override」「Source URL Override」にはブログのURLを入力。

投稿時の詳細設定を行いたい場合は「SCHEDULING」を修正します。

 

■Update Frequency:RSSをチェックするタイミング。

■Maximum Posts per Update:一度のチェックで投稿される最大数。

■Post Order per Update:新着順か、古い順か

 

すべて設定が完了したら「Save」をクリック。


クリックで拡大

正常に追加されると、ブログのタイトル名とその横にRSSの緑色のアイコンがつきます。

プラグインを動作させる場合は、OFFの横にある矢印をクリックすることでONになります。

OFFにしたいときは、同じようにONの矢印をクリックでOFFになります。

 

また、×のアイコンのとなりのグラフのアイコンを押すと、正常に稼働しているかを見ることができます。

【手順6】

ステータスで問題がなければ、投稿は問題ないと思いますが、念のため投稿してみてチェックをすると良いかもしれません。

実際に投稿した際の画面は下記になります。

FaceBook側


クリックで拡大

アメブロ側


クリックで拡大

フェイスブック側への投稿をどういった表示にするかは、TARGETの中の、設定したFaceBookページ名をクリックで設定できます。

ラジオボタンをクリックで、実際に投稿される際にどのように見えるかのチェックができますので、用途に併せて変更してください。



▲ページトップへ