フェイスブック いいねボタン

フェイスブック

フェイスブック いいねボタン

最近、色々なところでこのボタンを目にしませんか?

これぞまさにフェイスブックの良いところです。いいねボタンは、 ユーザーが目にしたコンテンツに対し、「いいね!」と気軽に意思表示が出来る機能です。使い方は簡単、いいね!ボタンを押すだけのシンプルなもの。そのコンテンツに対し、コメントを述べたり、メッセージを送る必要がなく、誰でも気軽に押す事が出来ます。

ユーザーが押した、この「いいね」は フェイスブックのアクティビティ(活動)に表示されます。「いいね!」の対象となるコンテンツは写真、動画、リンク、広告など様々 。

フェイスブック内では、あらゆるところにこのいいねボタンが設置されています。また、膨大な数の外部サイトとFacebookを結びつけるものとしても有効に活用されています。

 

ユーザーが押したいいねが、ユーザー自身の掲示板や友達のお知らせなどに掲載されることにより、多くの人の目に触れることになります。ちなみに、現在の消費行動の8割は「友人からの信頼できる情報」と言われています。

さらに友人たちの間で情報を共有し、製品やサービスをレビューしているという事から考えても、いいねボタンは非常に大きな意味を持つと考えられます。

■フェイスブックのいいねボタンを設置してみよう

「いいねボタン」はフェイスブック内に限らず、外部のブログやホームページ等どこにでも設置できます。設置できるボタンの種類は下記の3種類。自分のサイトにあったボタンを選択すると良いでしょう。

いいねボタン画像

Standard:右に説明文が表示されます

button_count: ボタンが押された回数が右側に表示されます。

box_cout: ボタンが押された回数が上に表示されます。


このいいねボタンの設置の仕方は、非常に簡単です。

Facebook Developers( Social Plugins-Facebook開発者 )のLike Buttonのページ(http://developers.facebook.com/docs/reference/plugins/like/)へ行き、各種設定後、ボタン設置用のコードを発行、コピーして自分のサイトに張り付けるだけです。


クリックで拡大

設定する項目は以下

■URL to Like

ボタンを設置するURL。空だと無効。

■Send Button (XFBML Only)
メッセージを入力する欄を表示するかどうかのチェック

XFBMLはFacebook内のみで使用できる独自の言語のため、チェックは外しておくことをお勧めします。(XFBMLは現在は使用できなくなっています。)

■Layout Style

ボタンの種類(具体的な表示例は上記参照)

■Width

設置するボタンの幅

■Show Faces

いいねを押したユーザーのプロフィール写真の表示の有無。
フェイスブックに登録していて、なおかつログイン状態でいいねを押した時のみ有効のようです。

■Verb to display 

ボタンに表示される文字を、「いいね」か「おすすめ」か選択します。

■Color Scheme
ボタンの色

■Font
文字のフォント。日本語だと意味はないようです。



クリックで拡大

Get Codeを押して発行されたコードをコピーして、自分のサイトやブログに張り付ければ、いいねボタンの設置は完了です。